貝殻節とは?

昔、江戸時代から、明治、大正、昭和初期にかけて、イタヤ貝(帆立貝の一種)が日本海沖合に大量発生した。
東は岩美町大谷から西は米子市淀江あたりまで、数十キロに亘り海底一面に発生し、貝殻節は、そのイタヤ貝の漁に出た地元漁師たちが艪に合わせて唄った舟唄(作業唄)である。
来る日も来る日も、ジョレン(馬鍬に似た漁具)に網を付けた艪漕ぎの船で底引きする貝殻漁は、実に単調で辛い労働であった。
そうした漁師達の魂を揺さぶって愛唱されて来た貝殻節には、豪快さとともに哀調切々たるメロディーがあり、日本海の潮の香りと彼等の逞しい生活が唄全体にあふれている。

(参考図書 鳥取県民謡百選より)

第5回 貝殻節全国大会について

平成28年9月4日 鳥取市文化ホールにて、民謡コンクール「第5回 貝殻節全国大会」を開催いたしました。
大会には、地元鳥取県をはじめ、兵庫、岡山、島根、徳島、熊本、三重、東京、ブラジルなど全国から127名に出場いただき有難うございました。
(第5回 貝殻節全国大会の様子)

第5回 貝殻節全国大会

第5回貝殻節全国大会 総合優勝者

総合優勝 那須野里美さん(鳥取)

貝殻節の部と元唄貝殻節の部を合わせた総合優勝は、那須野里美さん(鳥取)が選ばれました。

各部の入賞者につきましては、第5回 貝殻節全国大会の結果発表(入賞者について)をご覧ください。

お知らせ

鳥取県民謡「貝殻節」、「元唄貝殻節」譜面販売中!

鳥取県民謡「貝殻節」、「元唄貝殻節」の譜面購入はこちら
●鳥取県民謡 貝殻節
(五線譜)
300円(税抜)
●鳥取県民謡 元唄貝殻節
(五線譜)
500円(税抜)